COVID-19ワクチン 10代未満の健康被害も初認定

厚労省のオープンデータに基づく健康被害レポート(2024年1月31日現在)
コロナワクチン メディアが報じないファクト 2024.02.02
読者限定

審査状況の概要

1月までに1万135件の救済申請が受理され、6088件が接種による健康被害と認定された。重複事案を差し引いた認定人数は5860人と推定される(重複事案の推定方法についてはこちら参照)。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1475文字あります。
  • 月別審査状況
  • 「認定」事案の分析
  • 【今月の分析】死亡事案の受理件数の推移
  • 審査結果データベース

すでに登録された方はこちら

読者限定
COVID-19ワクチン 接種者人口あたり健康被害認定者数を分析
読者限定
COVID-19ワクチン健康被害 死亡事案の申請は毎月50件 7割が審...
読者限定
【速報】COVID-19ワクチン健康被害 10代の認定も300人に
読者限定
COVID-19ワクチン健康被害の認定 約4000人に 死亡事案の審査...
読者限定
COVID-19ワクチン 被害救済「否認」の割合が上昇傾向 接種との因...
読者限定
【速報】COVID-19ワクチン健康被害 10~40代の172人認定(...
読者限定
COVID-19ワクチン被害認定3000件を超える 脳梗塞・脳出血も増...
読者限定
【速報】COVID-19ワクチン 心筋心膜炎の健康被害 11歳を含む5...